「離婚調停成功マニュアル」がアドバイスする「離婚のタイミングの見極め」

 

 

 

「離婚」という、人生の大きな転換・・・

 

 

悩む女性

夫婦間二人の問題はもちろんのこと、
お子さんのいるケースであれば、
離婚は進学や進級の時期なども大きく関係してきますし、

 

その時の感情任せて、不用意なタイミングで離婚を切り出してしまうと、
後々にこじれて、収集がつかなくなるケースも多々あるようです。

 

澁川良幸さんの「離婚調停成功マニュアル」でアドバイスされている
離婚のタイミングの見極め方、チェックポイントについてまとめてみました。

 

 

 

パートナーも離婚を望んでいるか

 

一方的に「離婚してほしい」と突然切り出したとしても
「はい、わかりました」と簡単に受け入れてもらえるケースは考えにくいものです。

 

相手にとって全く想像外の『青天の霹靂』のような離婚であれば
これを成し遂げるのには大きな障害と、忍耐を伴うことになります。

 

まずは、自分とパートナーの「離婚に関する温度差」を感じ取ることが重要です。

 

 

 

 

 

パートナーが離婚に至る「原因」を自覚しているか

 

不倫・浮気・家庭内暴力・・・・こうした具体的な素行の問題から
性格の不一致・セックスレスなどの精神的な問題まで

 

パートナーが、離婚を切り出されるような原因について
自覚があるかどうかも大きなポイントとなります。

 

パートナーが、そうした要因を全く自覚していないケースでは
その後の離婚協議・調停が、離婚要因の「なすりつけあい」になってしまい、
順調に交渉が進まない危険性が大きくなります。

 

 

 

 

 

相手が離婚の話し合いに応じる気があるのか

 

ハンコを押してください

 

パートナーが、ふたりの離婚についてまっすぐに向き合い
「協議する」「話し合う」気があるかどうか・・・

 

実は、最大の障壁はここにあるのかもしれません。

 

相手にその意思があれば「協議離婚」の可能性は高くなりますが、
その気がなければ、いよいよ離婚調停に持ち込まざるを得なくなります。

 

仮に、話し合い(協議)で進めるにあたっても、
その後の「調停」の可能性、
また有利な条件の引き出しということを考えれば
澁川良幸さんの「離婚調停成功マニュアル」は、万全の体制を整えるために
有効なアイテムと言えそうです。。

 

 

【参考】離婚したい理由

 

 

離婚を現実的に考えたり、「離婚調停成功マニュアル」を購入する前に

 

もう一度、あなたの立場と、離婚したい理由をチェックしてみましょう。

 

もちろん、離婚を考える理由の全ては、
現在のパートナーに対する不満や不信、不安などです。

 

そしてそれらの要素には、妻側の理由、夫側の理由がそれぞれに存在しています。

 

 

 

あなたの「離婚したい理由」は下記にありますか?

 

 

【妻が離婚したい理由】

 

 

夫婦間の対立

@ 夫婦間に会話らしい会話がない
A 夫が不倫している
B 何かにつけ、夫婦ゲンカが絶えない
C 長期間セックスレス状態が続いている
D 夫がギャンブルにおぼれ、経済的に破たんしている
E 夫に、親としての自覚がない
F 家の中で、妻を「お手伝いさん」扱いする
G 物事に対する価値観や考え方が違いすぎる
H DV行為をされたり、精神的な強迫(モラハラ)を受けている
I 心が通じあっていないと感じる

 

 

 

 

【夫が離婚したい理由】

 

 

@ 性格が合わない
A 家が安らげる空間になっておらず、ストレスを感じる
B 妻が常にイライラしていて、精神的苦痛を感じる
C 妻に暴言を浴びせられる
D 子どもの教育上、不仲なまま同居しているのは良くない
E セックスレス状態が続いている
F 妻が実家にべったり
G 妻の容姿や仕草、性格に愛情を感じられなくなった
H 価値観が違いすぎて、話がかみ合わない
I 苦痛なのに、なぜ一緒にいなければいけないのか意味がわからない

 

 

一昔前までは、離婚の理由といえば浮気や暴力といった
他人の目にもわかりやすい理由が多かったのですが、かなり事情が違ってきていることがわかりますね。

 

 

 

マニュアルの詳細をに知りたい方はこちら⇒ 離婚調停成功マニュアル